SHIROJIRUダイエットcolumn


コチラのページでは様々なダイエットに関わる素材や方法についての記事を紹介しています。
よろしければ参考にしてください。

寝るだけダイエット。睡眠時間と肥満の関係

 

最近太ってきた。食事を減らさなくっちゃ。
ダイエットを考えている方、食べ過ぎで太ってきたのでしょうか?

 

最近忙しくて睡眠時間が取れない、実は睡眠が不足していると太りやすくなるのです。

 

食事も運動もしているのになぜか太ってきた、そんな時は、ちょっと睡眠時間を見直して見ましょう。

 

今回は睡眠と肥満の関係について紹介します。

 

睡眠時間が短いと太る

アメリカでの研究ですが睡眠時間と肥満になりやすい人の割合についての報告があります。
6時間寝ている人は、23%
5時間寝ている人は、50%
4時間活かしかねていない人はなんと73%もの人が肥満になりやすいのです。

 

寝る時間が少ないという事は活動時間が長いということですよね。
活動時間が長いほうがカロリーを消費しているように思いますが、違うのでしょうか?

 

ホルモンバランスが崩れる

睡眠時間が短いとなぜ肥満になりやすいのでしょうか?
体内のホルモンバランスが崩れるためです。

 

「レプチン」と言うホルモンは、満腹の指令を出し食欲を抑える働きをします。

 

「グレリン」と言うホルモンは、おなかが空いたよと食欲を促す働きをします。

 

睡眠が不足していると、グレリンが活発に分泌されます。
実際はおなかが空いていないのに空腹を感じて食べてしまうのです。

 

さらにグレリンが増えると「オレキシン」というホルモンも分泌されます。
食欲を増進させる働きをします。
グレリンとの相乗効果でそんなにおなかが空いていないのに食べてしまう、という悪循環に陥ります。

 

さらに起きているだけでおなかが空いたり口がさみしくなって、ついついお菓子をつまんでしまったりしますよね。

 

 

その余計な一口が、体に蓄積されていくのです。

 

睡眠中もカロリー消費

活動中はカロリーを消費するので痩せそうですが、人は寝ている間にもカロリーを消費します。
寝ている間にはカロリーの補給ができないため、体内の脂肪をエネルギーに変えて脳や筋肉が動いています。

 

脂肪をエネルギーに変えるためには、「コルチゾール」というホルモンが活躍します。
しかし睡眠時間が短いとコルチゾールの分泌が少なくなりカロリー消費ができなくなるのです。

 

理想の睡眠

人によって理想の睡眠時間は違います。
7時間眠りたい、と言う場合には23時就寝、6時起床を目指しましょう。

 

平日の寝不足を補うために休日に寝だめをする人もいるでしょう。
一瞬よく寝た気がしますが、体内リズムが狂って夜眠りにくくなります。
多めに寝るにしても1〜2時間にとどめましょう。

 

毎日の就寝リズムを作って睡眠時間を確保。
体のバランスを整えて、ダイエットにつなげたいですね。

 

 

リバウンドを防ぐ

リバウンドを防ぐことを前提にダイエットをすることは、とても大事なことだといえます。
一旦はダイエットがうまくいったけれど、リバウンドしてしまったという話はよくあります。なぜかと言うとダイエットをして例えば体重が3キロ痩せたとします。
−3sのダイエット成功の後で3s増えたとなってはダイエットが無意味ですが、人によっては、5sも6sも太ってしまったりもします。体重を落とし、そのまま減った体重を保てて始めて、ダイエットをやり遂げたと言えるでしょう。リバウンドを防ぐという事が、ダイエットをする時には重要になってきます。
何をすれば、リバウンドを防ぐことが可能なのでしょうか。なぜリバウンドが発生するかのメカニズムを把握することが、リバウンド予防になります。
ダイエットのために、著しく食事の量を減らすと、体は異常事態が発生したと認識します。これがリバウンドの発端になるものです。
遭難などで食べ物や飲み物がほとんど無い状況になって、何も口にしない状態が続くと、体はいち早く緊急事態であること把握します。
少ない栄養で命をつなぐことができるように、可能な限りエネルギーを使わずに生きていくことができるようにします。
カロリー補給が抑えられていることをダイエットのためとは思わず、人間の体は生命を保つためにできることをしようとします。
体に元々備わっている機能が働くことがリバウンドの原因なのです。白汁ダイエットはリバウンドを防ぐ為には、体が緊急事態と判断しないようにする事が必要なのです。

 

リバウンドを防ぐには、体にダイエット中の違和感を覚えさせないこと

ダイエット中のリバウンドを防ぐには、体にダイエット中の違和感を覚えさせないことです。
トラブルが起きてはいないと思わせることで、リバウンドのないダイエットをすることが可能です。リバウンドを防ぐために必要な事は、ダイエットの時に、極端なカロリー制限をしない事がポイントになります。一日の摂取カロリーを大幅に減らすことでダイエットを達成しようとする人が、体重を減らそうとする時には少なくないようです。
カロリーの低い食品や、ローカロリーのフードを使って、一日のカロリー摂取量を減らすというダイエット方法が、オーソドックスなものです。
ダイエット方法による極端なカロリー制限をした場合には、リバウンドしてしまう可能性が高くなるのでできれば避けたい方法です。
いきなり食事の量が減ると、食事が少なくなっても餓死しないようにと、体が少量の食事で生き延びられるようになります。一日の摂取カロリーを減らす場合は、体に負荷がかからないように少しずつ摂取量を減らしていくことです。
リバウンドを防ぐ為には、たんぱく質を摂取する事も大切です。人体は、たんぱく質で多く形成されています。たんぱく質が十分に摂取されない状態が続くと、人間の体は新陳代謝を低下させることで、エネルギーを少しずつしか使わない体になろうとします。ダイエット向きの体質ではないために、運動の効果が出ないという人もいます。
たんぱく質の不足はリバウンドを防ぐどころかリバウンドしやすい体になってしまうので、注意が必要になります。

 

リバウンドを防ぐダイエットをするコツ

リバウンドを防ぐダイエットをするコツは、スピードダイエットをせず、気長にダイエットに取り組むことです。
ダイエット方法の紹介の中には、1週間や2週間など短いスパンでダイエットができることを宣伝文句にするものがあります。
短期間のダイエットは、リバウンドを防ぐどころか、引き起こしやすく方法なので注意が必要です。一念発起してダイエットに取り組む以上は、お手軽な方法でできるようなダイエットは避けたほうがいいでしょう。リバウンドしないダイエットをするには、多少時間がかかっても確実に痩せる方法にしましょう。
短期間でのダイエットは、一過性で終わってしまうことが少なくありません。リバウンドが起きれば、一気に体重が増えてしまいます。
リバウンドの程度によっては、ダイエットする前の体重よりも、増加してしまう可能性も高くなります。ダイエットに取り組む場合は、リバウンドを防ぐことを重視するようにしてください。
より美しく、より健康になるために、体重を減らすというものがダイエットです。
強引で、急激なダイエットをしても、減った体重がまた増加してしまうということが十分起こりえます。
次にダイエットをしても痩せにくくなるというデメリットもあるので、白汁ダイエット方法を選択する際は慎重にすることをおすすめします。
時間をかけてじわじわと体重を落としていくことが、リバウンドを防ぐためには大事です。
気長にダイエットをするようにしましょう。リバウンドを避けてダイエットを成功させるには、最初からじっくり構えてだんだんと痩せていくようにします。
リバウンドを防ぐ為にも、急激なカロリー制限はしないこと、短期間の体に負担のかかるようなダイエットはしないようにしましょう。

 

 

ダイエットに効果的なホット酢ドリンク

ダイエットにホット酢を使う、ホット酢ドリンクダイエットという痩身方法が、注目されているようです。ホット酢ドリンクダイエットの方法はとても簡単です。大さじ1杯ほどの酢を温かい飲み物に入れて飲むだけです。酢を飲むことで、血圧を改善したり、血液の流れをよくしたりできます。

飲み物に酢をプラスすることで胃腸の吸収効率がゆるやかになるため、糖が吸収しやすくなるといいます。ダイエットの大敵である血圧上昇を抑える作用があるといいます。温めた飲み物に酢を入れることで体が暖かくなり、ダイエットをしやすい体になります。新陳代謝を高めることによって、基礎代謝が高くなり、代謝が起きやすくなります。

温かいドリンクに酢を混ぜることでダイエットだけではなく、腰痛や肩こりの改善などにも有効です。ホット酢ドリンクには薬やサプリメントは必要なく、手近な調味料と飲み物とでつくることができます。男女誰でも、子供からお年寄りまでできるという利点があります。刺激の強いものを飲むと胃の調子が悪化するという人は、白汁や酢減らしたり、水分摂量を増やすこともできます。

一般的にお酢は米からつくりますが、ホット酢ドリンクダイエットでは、様々な原材料からのお酢を使うという方法もいいとされています。

 

酵素ドリンクによる置き換えダイエット

近年話題の方法に、酵素ドリンクのダイエットがあるようです。芸能人やモデルなどの間でも流行しているようで、さまざまな酵素ドリンクが販売されています。

白汁は効率的なダイエットをするためには、酵素ドリンクを飲むタイミングを食事時に設定することがいいと言われています。

一食か二食を、通常の食事ではなく酵素ドリンクにするというダイエットのやり方です。人間の体が必要としている栄養成分は、酵素ドリンクから補うことが可能です。体のコンディションを維持しながらダイエットをするために、酵素ドリンクが役に立つわけです。1品置き換えダイエットと似た方法ですが、酵素ドリンクを使うことから、栄養補給の面でも問題がないわけです。

酵素ドリンクには栄養がたくさん入っているわりには、カロリーはとても少なくなっています。白汁はカロリー量か低く、栄養摂取が可能な飲み物ですので、健康的なダイエットをしたいという人には願ってもないドリンクです。酵素ドリンクダイエットをする時は、どの酵素ドリンクを選ぶかがとても大事になります。

風味、量、コストパフォーマンスなど、酵素ドリンクは各商品によって様々です。白汁は長期にわたって続けることができることが酵素ドリンクの成否をわけますので、金額にしろ、味にしろ、無理なく使えるものにしましょう。

 

 

白汁ドリンクを活用したダイエット方法について

ドリンクを利用してダイエットをするという手段が、数あるダイエット方法の中でもよく行われています。酵素ドリンクなどダイエット専用に作られたようなものもあります。白汁でのダイエットは、酵素ドリンクに限った話ではありません。この頃は、コーヒーを飲むことでダイエットをする方法があります。コーヒーの研究はこの頃特に進んでおり、健康効果が期待できる飲み物であるともされているようです。

白汁でダイエットをする場合、コーヒーに加糖せず、乳脂肪分も入れずに、ブラックのまま飲みます。ダイエットをしている人が飲むコーヒーに砂糖を加えると、カロリーオーバーの状態になってしまうためです。

大体3、4時間の間をおいてコーヒーを飲むようにします。
白汁はお風呂に入る前、体を動かす前などに飲むと効果的です。コーヒーに含まれているクロロゲン酸という成分がブラックコーヒーを飲み続けることで脂肪燃焼を促しダイエットに効果があるのです。ダイエットのためのドリンクを買い求めるという手段もありますが、普段から飲んでいるコーヒーをダイエットに活かすのもいい方法です。トマトジュースを利用するダイエットも、ドリンクを活用するダイエットにいいようです。リコピンという栄養素をトマトジュースから体内に取り入れることによって、血液の状態を改善し、老廃物を体の外に出すものです。ドリンクを利用するダイエットに関心がある人は、コーヒーダイエットやトマトジュースダイエットを検討してみてください。

チラコイドでダイエットできるって本当?

ほうれん草由来のチラコイドを使ったダイエット法がいま芸能界で人気です。
スウェーデンで開発された、最新のダイエット方法ですでにスウェーデンやアメリカで大人気。
多くの人がダイエットに成功しています。

 

そんなうわさのチラコイドで本当にダイエットできるのか?
日本人でも痩せられるのかについて紹介します。
これであなたも痩せられるかも?!

チラコイドとは

チラコイドとは、ほうれん草から取り出された成分です。
100%ほうれん草由来なので、超安心。
満腹感が6時間も持続するので、食べ過ぎや間食を防いでダイエットになるのです。

 

それじゃあほうれん草を食べたらいいんじゃないの?
と思いますよね。
しかしほうれん草を食べてもチラコイドを体内に摂りこむことは出来ないんです。
なぜならチラコイドを取り出すためには、ほうれん草をすりつぶしたり、遠心分離機にかけるなどの手間が必要です。
ほうれん草に含まれている成分ですが、そのままでは体内で活用できないのです。

 

そこで抽出されたチラコイドを手軽にサプリメントで摂りましょう。

 

満腹感の秘密

食事を始めると、約30分ほどでレプチンが分泌されます。
レプチンは満腹ホルモンと呼ばれるものです。
このおかげで満腹だと感じるのですね。
早食いすると満腹を感じる前に食べ過ぎてしまいます。

 

チラコイドはこの満腹ホルモンの分泌を促進してくれます。
また脂肪の消化を遅らせるので満腹感が続きます。
食後6時間程度満腹感が続くので、間食を防ぐ効果が期待できます。

 

満腹感を得にくい人やすぐにお腹が空く人にはぴったりのダイエット法なんです。

 

チラコイドの取り方

ではそのサプリメント、どのように摂ったらいいのでしょうか?
水や牛乳などにも簡単に溶けるので、忙しい朝でもすぐに飲むことができます。

 

ただ完全に溶けるわけではないので、ちょっと粉っぽさがあります。
気になる人は、ヨーグルトに混ぜて飲むといいですね。
スムージーもおススメです。

 

食欲を抑えるためには、食事と一緒に摂るよりも食事の前に飲みましょう。
10分前で構いません。
食事の前にチラコイドを摂ることで食べすぎを防ぐことができます。

 

一食置き換えなら効果大
すぐに痩せたい!という人は、夕食をチラコイドに置き換えてみましょう。
満腹感があるので、間食も不要。
夕食後間食をせずにそのまま寝るとグッとカロリーが減りますよ。

 

ダイエットといえば空腹感がツライ!
我慢する必要がないので、快適にダイエットできます。
これでリバウンドもなし、健康にストレスなく、ダイエットしましょう。

玄米には栄養がいっぱい。玄米の栄養や炊き方は?

新米が楽しめる季節になりましたね。
精米した白米よりも、玄米の方が栄養が豊富と聞いたことがあります。
玄米にはどんな栄養があるのでしょうか?
また玄米の炊き方や注意点を調べてみました。

 

玄米の栄養

稲を収穫して、脱穀する前の状態が玄米です。
糠と胚芽を取り除いたものが白米です。
この糠と胚芽が米の食感と味に影響を与えます。

 

玄米の方が低カロリーと思われているかもしれませんが、玄米と白米、どちらも160gで270kcal前後と変わりません。

 

白米にはない糠と胚芽の栄養はどうでしょうか?
ビタミンB1  玄米0.26g 白米0.03g
ミネラル 玄米78.4g 白米 11.2g
食物繊維    玄米2.24g 白米0.48g

 

玄米の方がはるかに栄養が含まれていますね。

 

玄米の利点

玄米にはどのような効果が期待できるでしょうか。
・美肌効果
・便秘解消
・解毒効果
・肥満予防
・血糖値を下げる

 

化粧品に使われているセラミドが豊富なので、美肌効果が期待できます。
食物繊維も豊富なので、血糖値の上昇を抑えたり、肥満予防、便秘解消なども期待できます。ダイエットに効果がありそうです。

 

こんなに栄養豊富な玄米ですが、
独特の味や匂いで苦手な人も多いです。
また玄米ならではの問題点もあるようです。

 

玄米の注意点

玄米は消化吸収が悪く、子どもや年配の方にはおススメしにくい食品です。
体調が悪い時には体調を崩す可能性もあります。
まずは少量から試してみましょう。

 

しっかりと吸水させないと、硬いお米になってしまいます。
忙しい現代人にはちょっと大変ですね。
朝出かける前に浸水させて、帰宅後炊くなど時間配分を考えましょう。

 

独特の味と匂いもあります。
ご家族に苦手な方がいると、協力を得にくいかもしれません。

 

玄米の炊き方

白米と同じように洗って問題ないですが、精米されていないので、表面に農薬などが残っている可能性があります。
たっぷりの水で洗って、籾などの不純物が浮いてこなくなるまでしっかりと洗いましょう。
洗った後は、7〜8時間浸水させます。

 

表面の糠や胚芽が邪魔して、なかなか水が浸透しません。
水につける時間が短いと固い米になってしまいます。

 

最近は玄米モードのある炊飯器もあります。
ない場合は、浸水させた玄米の1.5倍の水を入れましょう。
玄米は固いので、炊く水も多めに必要です。

 

お酒や塩を少々加えると、玄米特有のあくが抜け、糠や胚芽が柔らかくなります。
昆布を入れても、ほのかな風味がついて美味しく炊けます。

 

玄米を上手に取り入れて、栄養を摂りましょう

和食のお店で、玄米か白米か選べるお店もあります。
そんな時に玄米を試しに食べてみて、
気に入ったら、普段の食事にも取り入れてみましょう。

 

毎食は無理でも、休日にゆっくりご飯の用意をする、
など無理のないペースで試してみましょう。

 

いきなり玄米は無理でも、発芽玄米や雑穀米など
白米ではないお米もいろいろとあります。
食べ比べをしてみるのも面白いですね。
我が家は、白米に一つまみ加えて炊いています。
まったく気になりませんよ。